親子におすすめ!動物の生態を学ぶ&自然をとことん満喫コース|大町〜安曇野

安曇野〜大町は、家族みんなで楽しめる施設がたくさん!
今回紹介するのは
「親子におすすめ!動物の生態を学ぶ&自然をとことん満喫コース」です☆

1日中自然と動物に触れ合えるから、アウトドア派なご家族は観光の参考にどうぞ♪
さっそく紹介していきます。

11:00 大町山岳博物館

6/21に国の特別天然記念物ニホンライチョウのひな2羽が誕生し、
話題の大町山岳博物館。

大町山岳博物館は昭和26年に誕生し、
目の前に連なる北アルプスの自然環境と動物の生態、
登山の歴史などが展示される博物館です。

入り口から入り、入館料を払うと順路どおりにまず3階へ向かいます。

3階は展望ラウンジ。
ゆったりくつろげるソファーがあり、北アルプス後立山連峰をパノラマで眺めることができます。

2階に降りると、大町市に息づく生物を学ぶことができます。
ライチョウやニホンカモシカの生態も学べるのも大町山岳博物館ならでは。

この生物たち、とってもリアルでちょっと驚きます!笑

1階では、北アルプスの山々とどのように人々が関わり、
狩猟・漁労などによって暮らしてきたのか時代背景や山に関する道具や
民具などが紹介されています。

そして、大町山岳博物館の隣には、付属園(動植物園)もあります!
入場無料です♪

ニホンカモシカの「さつきちゃん」がゆ〜〜〜〜〜〜っくりと水を飲む姿を
間近で見ることができますよ。

大町山岳博物館
■住所:長野県大町市大町8056-1
■TEL:0261-22-0211
■開館期間:午前9時〜午後5時(※入館は午後4時30分迄)
■休館日:毎週月曜日、祝日の翌日、年末年始
(※月曜が祝日の場合は開館、翌日休館となります。7月 8月は無休。)
■入館料:小・中学生200円、高校生300円、大人400円

13:30 国営アルプスあづみの公園(大町・松川地区)

大町山岳博物館から車で移動すること約20分。
国営アルプスあづみの公園(大町・松川地区)にやってきました!

国営アルプスあづみの公園 大町・松川地区は平成21年にできた
本物の自然を身近に体験できる国営公園。

総面積353ヘクタールの敷地内は、6つのエリアに分かれ、森を歩いたり、
スポーツ体験、地元食材を使って料理を作ったり、自然の素材でクラフト体験ができたりと
1日では遊びきれないほどの自然や施設が充実しています。

敷地内を周遊する汽車があったり、森の中のアスレチックがあったり、

傾斜をコロコロまわる遊具があったり、

子どもが大好きなボールのプール

ちょっと迷路っぽくなっているネットの遊具ではしゃぎたい放題です。

同じ建物の中に休憩スペースがあるので、
子どもが遊んでいる間、大人はゆっくりすることもできます。

敷地内にはキャンプ場もあるので、宿泊も可能です♪

国営アルプスあづみの公園 大町・松川地区
■住所   長野県大町市常盤7791-4
■TEL   0261−21−1212
■営業時間
3月1日−6月30日 9:30−17:00
7月1日−8月31日 9:30−18:00
9月1日−10月31日 9:30−17:00
11月1日−2月末日 9:30−16:00
*イルミネーション期間中 9:30−21:00
 ■休園日 毎週月曜日、年末年始(12月31日・1月1日)

※ 月曜日が休日の場合は直後の平日が休園日になります。 但し、ゴールデンウィーク(4/27~5/6)及び夏休み期間(7/20~8/31)及び月曜日が休日の場合は開園します。また日曜日と休日にはさまれた月曜日も開園します。

■入園料
大人(15歳以上) 一般:410円 団体:290円 年間パス:4,100円
小人(小中学生) 一般:80円 団体:50円 年間パス:800円
シルバー(65歳以上) 一般:210円 団体:210円 年間パス:2,100円
幼児 無料

今回紹介したのは2箇所だけですが、1日かけて思いっきり遊ぶには充分。
アクティブ派のご家族はぜひ参考に♪

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です